日本古来の伝統技術 着付け

浴衣や着物など、和服は現代まで伝わる文化として、長年多くの方に愛され続けています。
非常に華やかで艶やかな和服ですが、和服は洋服とは違い、さっと着ることが出来ないため、着付けをしなければいけません。
着付けは難しいイメージがあるかもしれませんが、一度覚えさえしてしまえば大丈夫ですので、誰でも上手に着こなすことが出来るでしょう。

浴衣の着付けと着物の着付けは、同じように見えて細かい部分が異なり、非常に奥深いと言えるでしょう。
こちらは着物によってや、好みによっても異なりますので一概には言えませんが、マナーの部分も踏まえて、色々と勉強をする必要があると言えます。
着物を着ている時の歩き方、座り方等も、事前に勉強しておくことが大切です。

勉強することが多くて大変なイメージがあるかもしれませんが、大変なことだけではありません。
一度覚えてしまいさえすれば、大したことはなく、むしろその点が楽しく感じますので、是非とも勉強をしてみて下さい。

着付けは用意するものがたくさんある?

和服を着付けする際には、和服以外にも、肌着や草履、帯や帯締めなど、小物類も色々と用意をしないといけません。
和服一枚では着ることが出来ませんので、必ず合わせて用意をする様にしましょう。

こだわりを持ちたい部分は色々とありますが、小物類の中でも特にセンスが必要となるのが、帯です。
和服の色合いや柄に合わせた帯を選ぶことで、和服がより際立ち、より華やかに、より引き締まる印象を出すことが出来るでしょう。
帯一つで、着付け全体の印象が変わると言っても、過言ではありません。

また、帯だけではなく、帯締めなどの小物も、和服の印象を変える大きなポイントです。
様々なデザイン、様々な装飾が施されているタイプが販売されていますので、着付けの前には、こうした小物類を選ぶのも、着付けの楽しみの一つだといえるでしょう。

色々な楽しみ方がある点も魅力

着付けは、和服選びはもちろん、和服周りの小物選び、帯の締め方など、様々な組み合わせを楽しむことが出来るでしょう。
また、自分が着つけるだけではなく、一度覚えれば人に着付けをすることも可能です。
お子さんやお孫さんなど、御身内の着付けをされるという方も少なくありません。

着付けを勉強する際には、着付け教室などに通う方法はもちろんですが、その他にも、独学で本などを使って勉強するのも一つの手です。
近年では、動画サイトなどに着付けが一から投稿されているようなものや、帯の結び方なども投稿されていますので、手軽に始めることが出来るでしょう。
安いお値段の着物や浴衣も近年少なくありませんので、比較的始めやすい趣味と言えます。