初心者にもおすすめの棒針編み

マフラーやセーターなど、編み物で作るという方は少なくありません。
手編みの編み物はプレゼントにも最適で、趣味として始められる方も多いでしょう。

そんな編み物ですが、いくつか編み方に種類があり、その中でも、初心者の方がやるに持って来いのタイプと言えるのが、棒針編みです。
棒針編みは、二本の長い棒を使って、毛糸を編んでいき、編み物を作るという方法になります。
編み物と言えばこちらのスタイルを思いつく方も多く、棒針編みは、簡単な編み方から複雑な模様の編み方まで、ありとあらゆるタイプの編み物を作ることが出来るでしょう。
難しいタイプは、ある程度編み物経験を積んでから出ないと難しいかもしれませんが、簡単なタイプであれば、初心者でも十分チャレンジすることが可能です。

棒針編みでどんなものが作れるのか

棒針編みでは様々な編み物を作ることが出来ます。
例えば、マフラーを始め、セーター、手袋、帽子、バッグまで、ありとあらゆるアイテムを作ることが出来るでしょう。
編み方を工夫することで、おしゃれな柄、おしゃれな模様をつけることも可能です。

例えば、代表的な編み方は、メリヤス編みです。
表目だけが見えるように編んだ編み方で、全ての編み物の基本的なスタイルとなります。
初心者でも取り組みやすいタイプの編み方となりますので、まずはこちらから始めてみると良いでしょう。

また、表目と裏目を繰り返して編む、ガーター編みも基本的な編み方の一つとなります。
メリヤス編みと少し雰囲気を変えることが出来ますので、ちょっとした違いを出したいという場合、活用すると良いでしょう。

編み方によって同じ編み物でも、大きく印象が異なります。
自分だけのオリジナルの編み物を作ることも出来ますので、是非とも色々と試してみると良いでしょう。

棒針編みは毛糸と棒だけでOK?

棒針編みをする際には、棒と、毛糸を用意すれば、基本的には問題ありません。
ですが、編み物が初めてという方の場合は合わせて、編み方の本などを用意しないと、編み物が出来ないでしょう。

編み物で一番最初に難しいとされているのが、編み物を始める前の段階、棒に毛糸をセットするタイミングです。
セットの仕方がわからずに、悪戦苦闘するという方も少なくありません。
もちろん他のタイミングでも苦労することは多いのですが、初めて編み物をする際には、この段階で挫折するという方も多いですので、本などを購入してから始めた方が良いでしょう。

また、棒には竹や金属、プラスチックなど、材質の違いもあります。
自分に合っているかどうか、編むものによっても、おすすめの材質は異なりますので、自分が作りたいものに合わせた作品を作りましょう。